エコキャップ計量・積込み作業報告

今年度青少年奉仕・YCE委員会の委員長を務めさせていただくことになりました。2年前に続き2度目の同じ委員会の委員長なので前回よりは頑張れたらと思っています。
今年度はじめての委員会事業のエコキャップ集計を11月14日に八幡浜環境センターにて行いました。8名の参加いただいた皆様ありがとうございました。今回も箱に収まりきらなくなったエコキャップをトラックいっぱいにみんなで力を合わせて積み込み、760キロ、304,000個を受入れして190人分のポリオワクチンを寄付できることになりました。2010年から累計11,824人分になります。いまでは市内小中学校、施設、店舗では、八幡浜ライオンズの永続的な活動でエコキャップを集めるのが習慣化され、今浸透しつつあるSDG,S (持続可能な開発目標)の取組にもなりますのでまた集計の際はメンバーのみなさまご協力よろしくお願いいたします。

2ゾーン共同事業メロディーライン「カズラ切り奉仕作業」

10月24日(土)毎年恒例の2Zカズラ切り奉仕作業が行われました。宮内検問所に集合して各クラブ割り当てられた場所へ移動し、カズラ切りに臨みました。変わりやすい冬の天候の為、前日まではっきりしない天気でしたが、当日は最高の作業日和でした。作業に必要な鎌も前日までに綺麗に研ぎすまし、準備は万端。勾配の急な滑りやすい作業なので、足下は地下足袋で安全には充分配慮し、桜の枝に絡みついた一年越しのカズラを切り落として行きました。
9名の参加者は皆、悪戦苦闘の末、無事事故もなく2時間程度で作業は終了しました。がんじがらめになっていた桜の枝も綺麗に取り除かれ、伸び伸びと来春も満開の花をつける最高の景色を提供して、R197号線を通るドライバーを楽しませてくれると思います。参加者の皆様本当にご苦労様でした。

八日市チャリティーバザー

毎年恒例の八日市に併せて行うチャリティーバザーを10月8日(木)9時30分から、あたご銀座店前でメンバー17名の参加のもと、販売を開始いたしました。

ここ数年、売上もお客様も減っているのに加え、今年度は新型コロナウイルスの影響で八日市も行ったり中止になったりという状況のもとで行われたのですが人通りもいつも以上に大変少なく、売上もメンバーが作ったマーマレード83個、1個500円販売を入れて、61,031円でした。会員の皆様の提供して頂きました商品がかなり売れ残ってしまいました。それをどうするか、来年の課題ですが、提供していただきました会員の皆様、また厳しい状況化でもお越しいただき、お買い上げいただきましたお客様、本当にありがとうございました。また、お手伝いいただきましたメンバーの皆様ありがとうございました。

観月会

10月3日、コロナ禍という現状を踏まえ開催も危ぶまれた観月会でしたが、愛媛県内の感染状況も落ち着いたため実施を決断。例年よりも多い27名の皆様にお集まり頂き、盛大に懇親を深めることができました。
本年は、若手メンバーで芋炊きを調理することに決め、わが社の料理長にレシピのアドバイスをもらいながら、COOKPADも参照しつつチャレンジしました。こだわりは、糖分も塩分も控えめにし、出汁も自然素材にすること。昆布・ほおたれ・干し椎茸で長時間かけて出汁を取り、砂糖はほとんど使わず自然の旨味で勝負した芋炊きは、多くの皆様にお代わりをして頂き、作った我々としては嬉しい限りでした。
懇親もライオンズの大きな目的です。コロナ禍の状況を鑑みながら、皆様の友情が更に深まる事業を委員会としても実現していきます。

八日市チャリティーバザー出品用マーマレード作り

9月26日土曜日9時より、神山地区公民館において、クラブ会員9名に参加をいただき、マーマレード作りにチャレンジしました。國分ライオンに材料の準備、作り方の説明等々ご指導いただきながら、和気あいあいと楽しみながら作業が進みました。出来上がったのを見ると同じ材料・同じ作り方、同じ時間なのに色・粘り・数量に多少の違いがあります。ガスの強さ、材料の切り方、混ぜ具合、愛情の込め方? の違いが微妙に出ているようです!!
仕上がりは上々で、とても美味しいマーマレードが出来ました。あとは完売を願うのみでしたが、八日市当日の人出は少なく思う程は売れませんでした。販売する商品も少なく、八日市チャリティーバザーは今後続けるかどうか、検討する時期に来ていると思います。色々お世話していただきました國分ライオン有難うございました。ご参加いただいた皆様お疲れ様でした!!

3R地区ガバナー公式訪問

9月6日に、西予市宇和文化会館において、地区ガバナー公式訪問に出席しました。当日は、大型で非常に強い台風10号の影響もあり、非常に激しい雨が降る中、現地に向かいました。3R各クラブのメンバーが出席しておりましたが、名簿の枠外に名前を連ねる程、多数の参加をしていたのが、我ら八幡浜ライオンズクラブでした。酒井地区ガバナーから、今年度の事業目標として、「地域清掃(公共トイレ・公共公園の美化活動)」、「災害時における支援・受援への取り組み」の主旨説明が行われました。災害時の取り組みについては、地区アラート委員でもあります上甲Lが八幡浜ライオンズクラブに所属しておりますので、他クラブのお手本となるように、またモデルクラブとなって、他クラブへの水平展開をしていきたいと考えております。公式訪問には初めて参加させて頂きましたが、普段はお目にかかることが出来ない地区役員の方々と直接お会いすることができ、大変嬉しく思います。

R197号線クリーン作戦

恒例となっております、クリーン作戦を8月8日(土)7時に千丈駅前に16名が集合して行いました。国道沿いに当クラブ植樹の植え込みの伸びた枝を剪定し、歩道沿いの雑草を刈り取り、一時間余り全員で汗を流し、20袋余りの枝・雑草を集め、すがすがしい気持ちになり作業終了となりました。
千丈地区は、春はソメイヨシノ、初夏はアジサイが、また地域のボランティアの方々が歩道沿いの花壇に季節の花々を植え、手入れをされており、国道を通り来浜される方の目を楽しませております。当クラブも今後とも市の美観維持の奉仕活動に貢献していきたいと思います。

献血(市役所)

去る、7月28日火曜日10時から八幡浜市役所にて献血を行いました。今回はメンバー19名の方々に参加していただき、ありがとうございました。
今回は、74名の献血受付で、採血400mlをしていただいた方が65名でした。ご協力ありがとうございました。今年度は新型コロナウイルスの影響で全国的にいろいろな行事が出来なくなり人が集まる場面も少なく、献血が本当に足りなくて血液センターの方も大変困っているとのことでした。尊い生命を救う為に少しでもお役に立てれば良いと思うのですが、当クラブの11月の献血も中止となり、大変残念に思っております。
これからも当ライオンズは誇りを持ってこの事業を継続していきたいと思っておりますので、1人でも多くの献血の出来る方、今後共ご協力を宜しくお願い致します。