八幡浜ライオンズクラブ会長 新年の挨拶

新年明けましておめでとうございます。
二年続きのコロナ禍での新春になりましたが、まだまだ収まる兆しも
見せない未曾有の出来事で、ワクチン接種、感染対策等により一時期よ
り暮しやすくなったと思えば、また新しいオミクロン株の感染増大によ
り新しい年を迎える事となりました。
今年こそ、コロナウイルス感染症の終息を心より願うばかりです。
さて、今年は寅年です。昨年は、コロナウイルス問題に振り回された一
年でしたが、世の移り変わりの激しい時代ではありますが、虎のごとく
威風堂々と勇気をもって一歩一歩、歩み続けたいと思います。ですが、
私たちはライオンズクラブのメンバーで、そしていちライオンでありま
すから、虎より気高く、雄々しく誇りを持ち、一人ではできないことで
もメンバー全員で困難な時代に立ち向かっていきたいと思います。
皆様、どうぞよろしくお願いいたします。
最後に、皆様のご健康と実りある一年を心より願うばかりです。
本年もよろしくお願いいたします。

会長 竹下雅博

八日市チャリティーバザー

今回のチャリティーバザーでは、新規の品物の回収は行わず、今まで売れずに在庫として残っていたものを販売いたしました。品物には価格を付けずに、お客様の心意気しだい、初めは皆さん戸惑っていましたが、ライオンズメンバーの素晴らしい営業トークに、品物を1つ、2つと購入していただき、最後には数点は残ったものの、それ以外は全て完売して終える事ができました。

この収益金に関しては、福祉施設等に寄付する予定となっています。ご協力いただきました皆様ありがとうございました。

エコキャップ回収事業

10月16日(土)8時半より、八幡浜南環境センターにおいて、9名の方に参加頂き、エコキャップの回収作業を行いました。今年度の頭に、回収ボックスを一台新設しましたので、気持ちも新たに取り組むことができました。そして、松山まで毎回運搬をして下さっている石崎ライオン、本当にありがとうございます。

今回の回収キャップ数は272,000個で、H22年からの累計が9,729,300個、ポリオワクチンにして12,400人分となりました。この活動を通して、地域の活性化にも貢献できたらと考えておりますので、今後の活動もより積極的に取り組んでいきたいと思っております。

R197号線クリーン作戦

7月より再びR 197号線クリーン作戦が始まりました。最初の奉仕作業は雨により中止、
また9月には新型コロナ感染症の影響で中止とさせていただきました。その後は4回にわたりクリーン作戦を実施しましたところ、数多くのクラブ会員の方々からのご参加をいただき、千丈駅前付近は現在、大変綺麗に整備がなされております。また、今年度新しく購入していただいた充電式草刈機ですが、とても軽量で使いやすく作業効率も上がりましたこともご報告致します。

この奉仕作業は、クラブ結成55周年記念行事として植樹をしましたアベリアの花をこれからも守っていこうとするものであり、今後とも会員皆様多数のご参加のもと、継続して活動することが何より大切です。新しい花が芽吹くのを楽しみにして、ともに春の訪れを待ちたいものです。


“小学生の子供たちと大島で海岸清掃も行ってみたいと考えております”

献血

今年度の献血は10月に市役所と、11月に八幡浜高校で計2回の開催を考えていましたが、新型コロナウィルスの影響により、八幡浜高校での献血は中止、10月に市役所でのみ献血を実施いたしました。

事前に聞いていた話では、近々に献血を行っているので来られる方が少ないと言われていましたが、予想に反し、沢山の方に来て頂き、75パック用意していた卵もあわやなくなる程の勢いでした。結果72名の方に受付をしていただき、400ml採血67名の方から採血する事が出来ました。沢山の方にお越し頂き本当にありがとうございました。

3R地区ガバナー公式訪問

7月31日に伊予市のウェルピア伊予において、地区ガバナー公式訪問が開催されました。
蔵本地区ガバナー、地区名誉顧問、地区キャビネット幹事・会計をはじめ、山本3リジョンチェアパーソン、ゾーンチェアパーソン、地区委員、各クラブ会長、幹事、会計等60名の方々が出席いたしました。


初めに、山本3リジョンチャアパーソンの開会宣言及び開会ゴング、蔵本地区ガバナーより、運営と活動基本方針の説明があり、各地区委員長からは今年度の活動についてのお願いがありました。次に各クラブの会長より、スローガンと方針、クラブの活動についての発表がなされました。我が竹下会長の発表も本当に素晴らしいものでした。公式訪問には初めて参加させていただきましたが、普段お目にかかることができない地区役員の方々と直接お会いすることができ、大変嬉しく思いました。